加齢臭の「遺伝」が心配な、私の「対策」

私は50代、そろそろ加齢臭を気にしたほうがいい年齢になってしまいました。体質的にこれまでは自分の体臭に関して、ほとんど気を使ってきませんでした。けれど、どうやら加齢臭は若い頃の体質とは関係がなさそうです。
それと、気になるのが亡くなった父のこと。父は年をとってから加齢臭がかなりきつかったのです。同じ寝室でふとんを並べて寝ている母が、「おとうさんが臭いから、ふとんをできるだけ離して敷いている」という話をしていたのです。
加齢臭に遺伝性があるのかどうかは知りません。けれど、用心するに越したことはないでしょう。それで、父の生活習慣についてあらためて思い出してみました。かなり規則正しい生活をしていましたし、おしゃれなところもありましたから、身ぎれいにしていました。
食生活も、特に肉食というわけではなく、母も気をつけていましたので、わりとバランスは取れていたのではないでしょうか。
そう考えると、何も問題はなさそうです。けれど、まちがいなく加齢臭はあったのです。
それで思い至ったのが、「便秘がちだった」ということ。ひどい便秘症で悩んでいた、というほどではありませんが、父は男性にしてはめずらしく、私の子どものころから、滞りがちだったのです。
私は今のところ、その父の性質は受け継いでいません。けれど、体の中に老廃物が溜まるのは、当然健康にはマイナスな要素ですし、そのことによって加齢臭が強くなるということも、考えられなくはないでしょう。
そこで私は、乳酸菌食品と、食物繊維の多い芋類や豆類、海藻類を積極的に摂るようにしているのです。こうした食習慣は、長く続けることで効果が表れるものでしょう。いわゆる腸内環境を整えることで、なんとか加齢臭体質にならないように努力しているところです。

我が家の猫もノックアウトの加齢臭

父は若い時から油性のせいか、体臭がとてもきつかったのです。
母も窓を締め切った状態で同じ部屋にいると、なんだか息苦しいと言っていました。
そんなこともあって、普段から体臭に気を使って、デオドラント効果のあるディフューザーやシャンプー、コロンと母が用意していました。

もっときちんとお風呂に入ってしっかりと洗った方がいいのではと、母からアドバイスをするのですが、父はいっこうにかまわない様子です。
外出先で迷惑をかけるといけないからと何度もお願いしても同じでした。

だんだん年を重ねていくと臭いもかなりきつくなり、部屋の前を通るだけでいやな臭いが漂ってきます。
父は自分の部屋に入る時どんな思いで入っているのか、不思議で仕方ないのです。
自分の臭いに感じない割には、他の部屋へ行くと、臭いのことを指摘するのです。
そのあたりの嗅覚がどうにかなっているのかもしれませんね。
どうかんがえて、加齢臭です。

ある時こんなことがありました。
我が家には猫がいるのですが、父の部屋の前に立ち止まって何をしているのかと思えば、鼻をピクピク動かしているのです。
入ろうとして思わず臭いにやられてしまったのか、さすがに猫の鼻にもきつかったと思えます。
その後、猫は引き返しました。結局父の部屋には入らずに、リビングでくつろぎ始めました。この光景には笑ってしまいました。

タオルや靴下、下着を脱いだ時の臭いも母は辟易して、洗濯物まで別に洗うようになりました。
父からすれば何をやってるのだという気持ちでしょうが、この臭いだけはどうにも遮断することはできないようですね。

パパの足のニオイ

パパは、革靴を履いた日はかなりの匂いになっています・・・・。
革靴って、洗えない・・・・・って思っていました。水はダメなイメージでしたから。
でも、そうでもないみたいですね~~~!!

革靴は水洗いできるそうなんです。なので丸洗いはOKなんだそうです。
問題は、乾かし方みたいなんです。ドライヤーで乾かしたら、一発で革がダメになるそうなんです。
なので、水洗いした場合、必ずか風通しのいい日に、日蔭で自然乾燥!!がいいそうです。
直接、日光にあてて干してもダメなんだそうです。
エアコンなんかの吹き出し口の前もダメだそうです。
革はデリケートなんですね~。

なので、パパの足だけが問題ではなくて、パパの靴にも問題があるということがわかりました。
革靴・・・・。そういえば、あまり洗わないもんな~~~((+_+))
ってか、壊れるまで、履きつぶしてから、買い替えたりしていたし・・・・・。
パパも、毎日頑張ってるんだし、出張用の革靴を買ってあげようか(笑)
そしたら、脱ぎっぱなしのパパの靴下も、子供たちに、つまんで投げられなくてすむな・・・・・(笑)

子供たちの靴も、けっこうくさい(笑)
毎日、汗だくになって、走り回っているから!!!
先生には、「汗臭かったら、一生懸命遊んでる、いい証拠!!」って言われたみたいで(笑)
長男なんか、「俺、くさい!?」って聞いてきます(笑)
足なんか、ほんとにけっこうなにおいなんですよね!!
ちゃんと靴洗わないと、ほんとに子供でも、やばい匂いがしますからね!!!(笑)
革靴でならったとおり、ちゃんと乾かすことも忘れないで(笑)
足と靴、きれいにしておかないと!!!

脇のニオイがちょっとキツイとは言えないし

ずっと前に、ちょっと脇のにおいがきつい人と知り合いになりました。
顔もかわいかったし、性格も明るくて、いい人でした。
でも、その人が家に来て帰ると、家の中がすごくにおいがきつくなってしまいました。
私は、友達だし、言うべきかすごく迷いました。
車の中も、その人がいたことがすぐわかるくらい匂いがきつかったので、すごく困ってしまいました。

今は、手術すればすぐ治ると聞いたので、少し調べてみたことがありました。
毛穴に針をさしていくんですよね・・・・・。怖い(*_*)
でも、それをやったらにおわなくなるみたいだし、やってほしいなと思いました。

でも、脇の匂いの問題って、デリケートな問題ですよね・・・・。
家族でも、なかなか言えないし、遺伝ということもありますから・・・・。
他人に、「脇がにおうよ」なんて言われたら、きっと私なんて、ガラスのハートですから立ち直れないかもしれない・・。
それくらい、気を使うことだと思います。

その子は、化粧品やさんで働いていたんだけど、蒸気を使う仕事の時とかは、かなり厳しかったみたいですね。

本人も、少しは気づいていたみたいですね。
制汗スプレーとかも、かなりいっぱい使っていました。
でも、逆にそれがきつかったり・・・・・。
その人は、結局、手術をしていました。
そしたら、においもきつくなくなり、本人も快適そうでした!!
私も、かなりの汗っかきなので、気を付けないとならないなって思いました!!

好きな香りでボディケアしてます

普段、香水や、香りの残るヘアスタイリング剤等は、
職場でのTPOに合わないので、つけていません。

接客業でも、営業でもないのですが、
やはり、他の方の迷惑にならないようにと、
たとえ、自分が好きな香りでも控えています。

香りのある、コスメとか好きなんですけどね。

なので、夜のボディケアでは、香りのするボディークリームを
あえて使っています。
あとは睡眠だけなので、
お風呂上がりにはたっぷりと乾燥対策、保湿の為に
ボディクリームをマッサージしながら全身に塗ります。

普段はロクシタンやボディショップで、テスターしてから
購入する事が多いですね。
ドラッグストアやディスカウントストアでも
コレクションしたくなるような可愛いパッケージで
安価な物がたくさんあるので、オススメです。

私は気分で使い分ける事が多いので、常に
3種類以上は香りの違う物を家に置くようにしています。

ラベンダーは、寝る前にはリラックス効果もあるそうで、
夜使うには向いているそうです。

グレープフルーツの香りがダイエットに良いと知った時には、
グレープフルーツのエキスの入っている物を探した事もありました。

ローズの香りの物は、優雅な気分になれるので、オススメです。
パッケージもバラが描かれていたり、ピンク系の物が多くて、
無造作にお部屋に置いていても可愛い物が多いです。

保湿も出来て、香りでも癒される、
夜の自由時間がハッピーになる私の必須アイテムです。

カフェインの香り

私は普段在宅で仕事をしているのですが、その仕事中のお供としてコーヒーをよく飲みます。コーヒーを飲むことで、カフェインの覚醒作用で意識がはっきりとするのです。すると、仕事が捗るような気がします。コーヒーの香りや味を楽しみながら仕事をするというのもなかなか良いものです。
飲むときは冬場はホット、夏場はアイスにしています。

コーヒーの気分ではないなという時は、紅茶にします。もちろん、砂糖なしのストレートです。お気に入りの茶葉があるので、それを入れます。すると、少しだけ優雅な気分に浸りながら仕事をすることができます。
マンネリしがちな仕事にちょっとした工夫を加えるだけで、仕事が楽なものに感じたりと、飲み物の力は凄いなと感じてしまいます。

恥ずかしながら、私はお酒がほとんど飲めません。
20歳になったときに、ビールを飲んでみたのですが、全く美味しいと思わずそれきりになってしまったのです。

宴会などあると、やはりお酒が飲めたほうがいいなと思うことはありました。
やはり、程々に飲めると間が持つし、なにより楽しそうだからです。

ちなみに、妻はかなりの酒豪です。
結婚前のデートは、車での移動がほとんどだったので、私がお酒を飲めないことを喜んでいたぐらいです。
帰ることを気にせずに飲めるから嬉しいと良く口にしていたように思います。

そんな私が、最近少しずつですがお酒を飲む練習をしています。
何があったというのでもないのですが、ひょっとしたら飲めるかもと漠然と思いました。

今は、サワーなど甘いお酒ばかりですが、そのうちビールを飲んでグビグビっと喉を鳴らしてみたいと思っています。

そしたら、アルコールのニオイを気にしたりするものなのかな?

帰ってきたら酒臭いよ!とか言われたりするのでしょうか?

そんなの考えても仕方ないですよね。